心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

延びた寿命。

信長は「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」と
謡ったが今は医学の進歩もあり「人生100年時代」といわれるように。


残りの人生を「無駄飯だけ食ってる」生き方にならないようするには?
何をしたらよいのかしら?の思いは頭をよぎるが体力の無い私には何も無い。


私よりご高齢なのに現役で活躍されていられる方の話題を拝見すると羨ましい。


ヘルパーさんに
「口だけは元気だから口で出来るボランティア何かないかしら?」と
本気半分・冗談半分で尋ねてみるが「さぁ~」の返事だけ。


口で簡単にボランティアというけど当然、責任が伴います。


「昨日は行けたけど今日は行けません」なんて無責任だし
受けたからには絶対やり遂げる私の性格からして体力より先に
神経が参ってしまいそうで無理かしら。。


考えても日が過ぎていくだけど他人様の手を煩わさないのが意外と
役に立っているかもしれぬと開き直りの心境になりだしました。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。