心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

新しい年になりました。

暦が替るだけ・日付が替るだけで過ごしています。


何時もの夜との違いは年越し蕎麦を食べた事と除夜の鐘を聞きながら
眠りについた事だけですね。


夫の実家の年越し蕎麦はただの盛り蕎麦です。


でも、私は「夫の故郷の味を」と玉子にトロロ・葱にワサビで頂いています。
そう、出石の皿蕎麦の食べ方です。
夫も喜んでくれていました。


雑煮・・・


初めての正月に夫の実家へ帰省した時の雑煮は鰹出汁だけで具は何もなく
味噌で味付けした餅に鰹節を振りかけるだけの簡単なもの。


農家なので野菜は畑に有るのに何の野菜も入れないのです。
味噌汁に餅が入っているだけ。
あまりのシンプルさに驚き心の中で(これは雑煮とは言えない)と
呟いたほどでした…。
夫に訊くと子供の頃から変わっていないとのこと。
翌年、私の実家の雑煮を作ったら今度は具の多さに夫がびっくり。
私の実家の雑煮は鰹出汁で雑煮大根・人参・水菜を入れます。
雑煮も所変わればで地方で違うのですね。
それから元旦は夫の実家の雑煮で2日は私の実家の雑煮と作っていましたが
段々と面倒になり何時の間にか作るのに楽な夫の実家の雑煮に落ち着きました。


人間って楽なほうに流されてしまいます(私だけかしら)


私は今年も楽な生き方を選ぶでしょうね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。