心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

一枚のメモ

箸も持てなくなった夫が書いたメモの字を私は読めない。
介護ヘルパーさんに見せると読めると言う。


「うちの母ちゃんよくきがつく」と書かれていると…


そしてヘルパーさんが夫に「そうだよね」と訊くと「ウン」とうなずいた。


その時の私の気持ちは「うそ、気が利かない鈍な女なのに」と情けなかった。


でも、嬉しかった。


気が利かない女だが其れなりに一生懸命してる事で夫が満足してくれていたと。


メモは大事に引き出しに入れて淋しくなったら取り出して見ています。


夫が書いた時の情景と夫の笑顔を思いだしますから。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。