心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

6年前の今日。

年末に左胸の痛みを訴え年明けに検査の結果ステージ4末期の肺癌と
診断された夫は抗がん剤と放射線治療を選んだ。
 
投与する抗がん剤は治療では無く延命の為なので治療合間の一時帰宅時に
旅行へ行くなり好きな物を食べさすなりしてあげて下さい。
「余命10ヵ月ほどです」と私だけに医師は告知。


今、1週間の一時帰宅中。
 
夫 73歳 私 66歳 子供なしの夫婦二人だけ。


「話には訊いていたが抗がん剤は本当に辛かった」と語り薬の副作用で
毛が抜けた頭を撫でながら無邪気に笑う夫。


1クールの治療期間は3週間。
完治は無理でも癌が大きくなるのを抑えられると信じてる夫。


また辛い抗がん剤の副作用との闘いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1月31日の医師からの余命告知に自分1人で抱え込む辛さに耐えられず
誰かに打ち明けたくて匿名で初めて掲示板に投稿した日です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。