心つなげて

悲しみは続き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

とっさの時の言葉

今迄は夫の遺影に話しかけていた。


咄嗟の時に無意識にでる言葉「お母ちゃん助けて」と言うのが普通だけど
私は夫を「にぃちゃん」と呼んでいたので「兄ちゃん助けて」でした。
余裕のある相談事は「なぁ、兄ちゃんはどう思う?」とか。
「兄ちゃんなら如何する?」とか遺影に話かける。


親の愛を知らぬ私は「兄ちゃん」は頼りになる言葉で無意識に多く出てた。
子供が無意識に「お母ちゃん」と呼ぶよう夫に語りかけていた。
普段はそうです。


しかし、私が今、咄嗟にでて来る言葉は
「サクラ、痛いよぅ」とか「サクラぁ助けて」とか…


最近なぜかサクラの名が頻繁にでます。
サクラは私に忘れられないよう念を送ってきてるのかしら?。
サクラの事も忘れた事はないのにねぇ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。