心つなげて

悲しみは続き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

いつまで続くか

判らないけど…
昨日、夕食の錦糸卵を作ろうと玉子を溶いていたら背後で夫が見てるような
今迄に感じた事のない気配がしました。


それは夫が「俺も一緒に食べるよ」と言ったような気がしたのです。


錯覚なのでしょうが何となく夫が食べるなら手抜き料理は出来ないと
夫が逝ってから使わなくなった玉子焼き器を引っ張り出し丁寧に
錦糸卵を作りました(面倒だからフライパンで作ってた)。


一緒になってから買った玉子焼き器で何十年も使っていますので真ん中が
少し磨り減っています。


その凹みを見てこの玉子焼き器は私達夫婦の歴史なんだなと思い
これから夕食は夫も一緒に食べるのだから夫が居た時と同じように
手抜きしないで料理を作ろうと決心しました。


しかし何でも三日と続いたことがない私の決心だからいい加減ですが
この気持ちだけは大事にしたいと思います。


丁寧に作った錦糸卵は切り口も綺麗でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。