心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

野菜嫌い

実家が山地の農家で海から離れているし当時は今ほど交通網も発達していない
僻地(今でもバスは一時間に一本)で魚は塩鯖か干物しか無く
採れた時期の野菜ばかり食べていた所為か?野菜が嫌いで煮物を嫌ってました。


特にジャガイモにトマト。


男性が「お袋の味」とかで好むと言われる肉ジャガを出すとシブい顏。
カレーも夫はジャガイモ抜き。


野菜サラダを出せば「俺は鳥か」と文句を言い彩りに使うトマトも皮が口の中に
残るからと皮を剥かないと食べない(帰省時に義母は剥いていなかったのに)。


プチトマトさえ皮を剥かなければ駄目だった(これは私が甘やかし過ぎた)。
でも、夫が子供の頃はプチトマトは無かったはずだが?。
要するにトマトも嫌いだったのでしょう。


しかし、キュウリは好んで食べていましたね?(貴方は河童か!)。


でも病気になってからは「身体に良いから」と言うと何でも黙って食べた。
癌に勝ちたかったのでしょうね。
癌をやっつける気持ち満々で辛い抗がん剤投与も耐えたのに…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。