心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

夫の心情

ドラマなんかでは患者に癌だと告げず家族にだけ言ってたし現に従妹のご主人が
胃癌になった時も医師は従妹にだけ胃癌と告げご主人には胃潰瘍だと言ってた。


お互い元気な頃に夫は私に言った。
「もし、俺が癌になっても俺には言ってくれるな。
他の病名で誤魔化して欲しい、治療の途中で気付くだろうが
俺は知りたくないから」と。


その望みを医師は壊した。


「ステージⅣ末期の肺癌です」と本人を前にして。


さすがに余命は本人に告げなかったが癌告知を望まぬ夫には残酷だった。
医師も治療の都合で告げざるを得なかっただろうが
せめて前以て私に報せて欲しかったと思うのは我が儘でしょうか。


淡々と受け入れたようだが夫の心情を思うと私は夫の顏を見れなかった。
辛かったなぁ。


当時を思い出してもしかたないのに何故か思いだしてしまいます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。