心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用で脱毛は絶対なのかなぁ


夫も覚悟はしていたものの抜け始めた頃はやはりショックだったようです。


私は義父の頭を見て「遺伝的に夫もこれだけ髪が後退するのだな」と感じて
いたので何とも思いませんでしたが薄くなる髪をみて夫は溜息をついていました。
洗髪すると抜ける量が半端じゃないと…
髪を気にするのは男女関係なかったのですね。


それで私は
「抜けるものは仕方ないし貴方の年代なら禿げてても不思議でないのでいっそのこと
卵白で磨いて艶出しピッカピカに光らせたら?」と言ったら夫は「そこ迄は嫌」と苦笑。


慰め元気づける為の言葉だったのですが悪い冗談だったのでしょうか?。


そして夫は毛が数ミリ伸びたら嬉々として馴染みの理容室へと行きました。
そこでまた、私の余計な一言らしい言葉が…


「店の人も大変ね、毛が少なすぎてどうしたらよいか困ったのではないの?」と。


考えたらお店の人はプロなんだからどんな短髪でも薄毛でも慣れている。
夫は整髪が目的ではなくお店の人と話すのが楽しみだったのに。


それに気が付かなかった私って思いやりの心がなさすぎたみたいです。
反省してももう遅い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。