心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

夫と

大きく回り道をしましたが夫婦になる運命だったのだと信じています。


今みたいに便利な携帯電話もない時代で意思の疎通は手紙が主でした。
そして待ち合う場所の連絡方法は電話だけ。
その電話も呼び出し電話だったから気も遣うし。


一歩、外へ出れば緊急事態が発生しても連絡する術もなく会えない時もありました。
住んでた都市も違うから会うだけでも大変だったね。


今は携帯電話で連絡が取れスマホで居場所がすぐ検索できる良い時代です。
昔の私は忍耐強かったのかしら?。


やっぱり一緒になる運命だったのです。


以前に死別は亡くなった人を美化すると書きこみしました。


しかし、生前に気付かなかっただけで夫の優しさを当たり前、当然のものと
受け止めていた私が愚か者でした。


夫は「今ごろ気付いたの?」と苦笑してるでしょうね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。