心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

穏やかな日の記憶

私・6時半の起床で夫の為に野菜ジュースを作る(私は朝食抜き)。


夫・7時に起床してパンとコーヒーと野菜ジュースで朝食。
野菜ジュースでお腹が満腹になると不満を漏らすが身体の為だからと説得。
ジュースは病気になってから栄養を考え作りだした。


少しでも癌に効くように希望をもって。
そして、私は10時まで二度寝(しないと体調が悪い)。


夫はその間に散歩・読書。
12時に昼食。
昼食後、私はネットで遊び[昼網の魚が着く]時間14時ごろ買い物に出かけ
夕食準備時間までネットで遊ぶ。


夫はラジオを聴きながら読書と昼寝して夕食前の散歩して入浴。
私はその後にシャワー。


18時、TVを観ながら夫は食事・私は晩酌開始。
(夫は癌になる数年前から禁酒禁煙していた)。


此処で私のお喋りが始り夫に「おまえは相変わらずよく喋るなぁ」と呆れられる。
22時に夫、就寝で私は23時までネットサーフィン。


医師から宣告された余命の期間も過ぎこの生活が続くと思っていたが癌は
少しずつだが確実に夫の身体を蝕んでいたのだった。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。