心つなげて

悲しみは続き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

菖蒲湯

子供はいないけど端午の節句は柏餅を食べて菖蒲湯に入るのが我が家の決まりでした。
夫が健在だった2013年の5月までは…


私が日本古来の風習に興味を持っているからです。


風呂も無い長屋で育ち風呂も無いアパートの一室で夫と暮らし始めた頃は
風呂付の部屋に越せたら「ゆず湯」や「菖蒲湯に入る」のが私の憧れでした。


数年後に待望の風呂付きの部屋に越せた時は夢が叶えられると嬉しかったです。


友人の郷(岡山県津山)の言い伝え?風習?だとかで新設の風呂に入る前には
「浴槽にご主人が入る真似だけするとご主人は中風にならない」と教えられ実行。
良い事は取り入れさせてさせて貰いました。
誰でも健康で暮らしたいですからね(中風だけで癌は考えていなかった)。


それから冬至のゆず湯に端午の節句の菖蒲湯は我が家の大切な行事になりました。


2013年5月5日(日曜日)の菖蒲湯。


入浴する体力が無く座って出来る足湯を薦めても駄目でした。
せめて菖蒲の匂いだけでもと菖蒲を浸した湯で身体を拭いたけど虚しかったです。


大好きな風呂にも入れなくなった夫の気持ちを考えると…


翌年から菖蒲の姿は我が家の湯船から消えました。


夫が向こうへ引っ越してしまったからです。


これからも我が家の湯船に菖蒲が浮くことはないです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。