心つなげて

悲しみは続き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

夫と共に夜景

雨に降られながらの旅で特に島原は本降りで杖付いて傘を差しての足では決まった

時間内行動は無理と「かんざらし」を

食べるのが目的の武家屋敷散策を諦め

鉛色の有明湾を恨めしく眺めながら早々と

長崎のホテル入り。


気になった「稲佐山の夜景」もツアーの

時間には雨も止み雨に洗われた夜景は

「息を呑むほど綺麗で最高」🙌


きっと「囁かせて頂いた方」と夫が私の

希望を叶えてくれたのだと感謝しました。


ガイドさんの説明では三日ぶりで夜景が

見れたとか。


そしてゴールデンウィーク中は人、人、人、

肝心要の夜景が見えなかったとも。


昨夜の夜景は私達ツアー客で独り占め!


夫も満足してくれたと思っています。


そして、あの方に囁いたのは当然です。


今日は青空です。


思い出のめがね橋に行き夫を偲んできます。


見えなくとも夫は横に居てくれるでしょう。


新たな長崎の思い出が出来ました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。