心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

今日も一日が始まる

雨が上がり綺麗な青空が広がっています。
こんな日は心もチョッピリ明るくなれそう。


悲嘆にくれて涙を流している日ばかりではありません。
笑う日も有ります。
でも、屈託なく心から笑えなくなっただけ。


何をしても脳裏を過るのは「夫が居たら、夫なら」と夫・夫・夫。


長崎でちゃんぽんを食べた時もカウンター席の隅だったので夫の写真を横に
ソッと置き一緒に味わいました。


味は判ってくれたでしょうか?。



夫が元気な時は夫にウェートを置いてるように思えなかったけど逝かれて初めて
夫主体に我が家は回っていたのだと知りました。


人間って心の支えだった柱がなくなると脆い物ですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。