心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

明日は整形外科へ

今迄の内科・眼科と歯科の通院に加え先月からの整形外科通院。
整形外科は明日で診察を止める気で主治医となった医師に話すつもり。
主治医も考えてくれてるようだけど飲む薬の副作用だけが目立ち
足の痛みには余り効き目がないように思う。
今迄なら理由も言わず通院を止め痛くなれば受診するか違う病院に通うかしていた。
どの病院のどの医師に診て貰っても同じようなものだったから。
ただ、いま診て貰ってる医師は真剣に話を聞いてくれ
痛みの根本は何かを突き止めようとしてくださる。
そんな姿勢を示してくれる医師に無断で通院を止める訳にはいかない。
無断で通院を止める訳にいかぬ理由はもう一つ自分勝手だけど
「掛かりつけ医が欲しい」から。
高齢になると身体の衰えがしらぬ間にくる。
まして私みたいに身体が不自由な高齢者は掛かりつけ医を
決めてていて当たり前かと?。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。