心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

不安を日記に

夫は書いていました。


月にかかる医師の往診・訪問看護師の費用に薬代のことなど。
医療費と生活費の心配をしていたようです。


在職時は給料明細書を見るだけで給料は全て私に渡し後は任せっ放しで
ローンが幾ら有るかも知らないし、知ろうともしない人でした。
愚痴ろうものなら「それを上手にやり繰りするのがおまえの役目」と涼しい顔。


子供がいない気楽さも手伝い老後も考えず、したい放題だった私達夫婦。
セッセと預金したって絶縁状態の縁者に渡るくらいなら残す必要なしと意見は一致。


収入は年金だけになるが慎ましく暮らせば生活に困らないと楽観していました。
そんな夫も癌になり個室の差額代などの出費で心細さが出たのでしょうね。


食べたい物があれば我慢せずに食べるし行きたい所があれば旅行する
私の今の生活をみて夫も安心してるでしょう。


足は今年いっぱいなら大丈夫みたいなので自分のペースで動ける独り旅を楽しみます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。