心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

お守り

大阪のホテルに着いたら「行きたい所が有るので独り行動させて」と言われてました。
そして何処かへ行き戻って私に手渡してくれたのが此の「お守り」。


まさか足のお守りが有るとは知りませんでした。



「服部天神宮」


阪急で宝塚へ行く途中の神宮なのですが駅名になるほどだけど
御祭神は何方かな?程度で気にも留めていませんでした。
わざわざ、その神宮にお守りを授受しに行ってくださったのです。
お守り、私は「交通安全」「家内安全」「合格祈願」「厄除け」ぐらいしか知りません。


毎年、厄除けのお守りを夫と厄神さんで求めていたけど他のお守りは持っていないし
夫を喪うほどの大きな厄は無いのでもう私に厄除けも家内安全のお守りは必要ないと思い
厄除けのお守りも返納しました。
むしろ早く夫の許に行きたいと願っていますから。


しかし、此のお守りは大事にします。


何といっても友の心が籠められていますもの。


「心配してくれる人が居る」それだけで私は幸せです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。