心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

待ち合わせのハプニング

6日に「笑い話です」の記事でハプニングがあったと記していましたね。


そのハプニングとは2日に六甲山へ登った友が予定の時間を過ぎても
下山してこないのです。


11時半にホテルで合流し温泉で登山の汗を流した後、昼食の予定でした。


予定より遅れたが登頂したと10:55分に山頂の記念写真と「今から下山します」の
メールに「友は汗を流す間も無く食事だな」と悠長に構えていましたが以後、連絡なし。



食事処利用時間は14時迄で食事の受付終了時間は13時。


12時45分を過ぎても何の連絡も無し。


さすがに焦りました。


informationの方に友の写メを見せ相談したら友の姿を見たら即、食事を出せるよう手配。


そして下山口からホテルまで徒歩なら20分かかるので送迎バスを向かわせるから
友に電話をと言われ電話するも「ただいま電話にでられません」の応答。
何処かで送迎バスに乗ってくれてれば良いが…とモニターで玄関に到着する
送迎バスの人を確認と親身になってくださいました。


そして食事のタイムリミットになるこのバスに乗っててくれればと祈る気持ちで見た
送迎バスに友の姿を発見!12:56分。
informationの方、ともどもホッとした瞬間でした。


友の話ではメールを送信しても「メールは送信できませんでした」ばかりだったそうで
当然、私の電話も届いていません。
着信の履歴すら残っていないそうです。


その話を聞き携帯に頼っていては駄目な事も有ると勉強になりました。


長々とハプニングを記事にしたのは何故か?。


明日、有馬温泉に行きます。


御世話になったinformationの方に直接お礼を述べるのが主目的でついでに時間が気になり落ち着いて味わえなかったお料理を堪能してきます。


画像はホテルのHPから拝借で私達の場合はこれにビールが絶対つきます。



いつも夫を想う記事ばかりですが偶にはこんな記事も良いでしょう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。