心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

足のこと

まだ、確かなことは言えませんが沈んでいた気持ちが少し浮き上がった気がします。


夫のことではなく足のことで気持ちに変化が出てきました。


先日の無理せず私のペースで歩けるよう、さり気なく見守って下さった友のお蔭です。
一生懸命に歩いても私の一歩は普通の人の二歩くらいの速度と気付きました。


医師に言われてた「貴方は無理が出来ない足」の言葉に反発していたことも結局は
自分で自分を苦しめていたのだと…。


就寝時に出てくる痛みに「そんなに歩いていないのに何故?」と思う日も
「これくらいは歩ける」と無理してたのですね。


素の足の不自由さに加え「加齢からくる足の衰え」が判らずまだまだ大丈夫
他人様に迷惑はかけないと負けん気の強さが顏出しするのが私の短所です。


それが目や足を「さり気なく気遣ってくれる友」と行動を共にして足に楽な生き方を
見直しする機会になりました。


日常「弱音を吐いたら負け」で生きた私を振り返る時でもあったようです。
気を許した友の好意に甘え在るがままの自分を曝け出しましたが「楽」ですねぇ。


社会に出てから肩肘張って生きてた私。


何処まで素を曝け出せるか不明ですがこれからは心して
「出来ない事は出来ないと断り弱みも見せる」甘えた我を張らない生活をします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。