心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

どんな気持ちで

余命告知され一年半を過ぎ75歳の誕生日を迎える前に何気なく呟いた言葉。
「せめて親父の歳まで生きたかったな」。


義父が鬼籍に入ったのは88歳でした。


「生きたい」ではなく「生きたかったな」と過去形の言葉。


余命告知を夫は知らないが好きな散歩もできなくなり弱っていく身体に
死期を悟ったのでしょうか。


私は聞えていないふりをしたけど…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。