心つなげて

悲しみは続き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

そろそろ、後ろを振り返らず

悲しみからの現実逃避を止め前を見つめて歩かないと駄目だとおもう。


何時までも、何事も、夫を喪った悲しみの所為にしていてはいけない。


理性で判っていてもふとした折に夫が居たらなぁと思う感情が勝る。


夫を忘れる意味でなく悲しみの呪縛から解き放たれる時がくるのでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。