心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

「晩酌の最初の一口胸に沁み」

何故か最初の一口に胸がキュンとします。
夫の遺影にグラスを向け
「今日も有難う、今から晩酌しますね」と
報告するのですが最初の一口に何故か胸がつまります。


今日は私の介護支援ケアーの為に4名の方にお時間を取らせました。
私の楽しみは歯が悪くなって味覚が半減しましたが「食」。


夫の病状末期の頃は小指の先ほどの氷一片の水分だった。


夫が元気な頃は私の好みで色んな珍味?を酒のアテに出しました。
時には「お前はゲテ物食いか?」と言われたことも。
でも私が食卓に出す物は全て一口だけでも食べてくれました。
そして虜になった品が多々あり限定品だったりしたら入手するのに四苦八苦した事も…


それも今は懐かしい思い出。


今、私は「かじかの子」を酒のアテにしています。
味を楽しむというより「プチプチしてる食感を楽しむ」ですね。
熱い御飯と合うらしいですが御飯は昼しか食べないし納豆御飯と決めてるので酒のツマミに炒めたもやしと合えました。


これが成功♪


隙間だらけの私の歯でも食べれた(^^)v


夫が食べたら何と言うだろうな?。
食べた夫の感想を聞きたかったな。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。