心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

納骨堂の夫

私達に墓はありません。


夫はお寺の納骨堂に納まっています。
墓を建てても私が死んだら墓守が居ないから。
私が死ねば夫と共に合祀して頂くことになっています。


昨日、納骨堂で夫の遺骨にお参りして新たな悲しみを覚えました。


そして考えました。


お墓は石の下に眠り隠れていますから納骨堂の遺骨と違い骨壺と
直接対面することはありません。


遺族の悲しみは同じでしょうが骨壺が墓石の下に隠れてみえないのと違い
納骨堂のほうが骨壺の現物と対面するだけお参りのたびに悲しみを
掘り起こさせるような気がしました。


そんな事を今まで考えたことはなかったのに体調が悪いのを押して
お参りした所為かもしれません。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。