心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

転んでからでは遅い

転倒しないよう気をつけていますが朝の起床時の
ふらつきがひどいです。


ふらついてベッドから五、六歩さえも歩けない。


空間が広くつかまる所が無いので転ぶならこの場所。


目まいが強い時はトイレにも行けないし困った。
足首が曲がらないから這い這いする事も出来ないし。


考えて身体を支える為に注文してた四輪の室内用歩行器が
届きました。


朝と夜中に目覚めた時にしか使いませんが
これで多少の目まいがしても安心です。


「転ばぬ先の杖」


ヘルパーさんが掃除するのに邪魔になるでしょうが転んで
骨折でもしたら困るのは私ですから「我が身大切」と考えましょう。


まだまだ自分の足で歩きたいですから!


今は高齢者向けの福祉用品が考え出されていて助かります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。