心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

今ならどんな顏?

微笑んでる写真の夫は齢をとらない。
生きていたらどんなお爺さんになっているだろうか?。
皴の少ない人だったけど皴は増えてるかしら?。
年々背が縮むとぼやいていたけど背も少し低くなっているかな?。
私は年に一㎝ほど縮んでいますよ。
本人の希望で遺影用にと私が撮った写真は少しふっくらしている。
そして病状が進み自分で写真店に行き撮った写真は少し痩せて顏が細くなり
それなりに皴ができていた。
私の前で微笑んでいる写真は私が写したもの。
今の顔はどんなになってるのか思い浮かばない。
想像がつかないのです。
夫は若い時のままで私だけが齢を重ね皴だらけのお婆さんになっていく。
嫌だな。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。