心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

夫に関する記事

見たら辛くなるのが判っていて消去せず残している記事。


夫の余命宣告を受けてからの辛さを書き留めた記事をまた読んでしまった。
当時の私の心境と夫の状態などが綴られていて少し涙目になってしまったな。


【知っている人にだからこそ言えぬ辛さ・愚痴】を受け止めて下さった方々。
そして励ましのコメントをくださった見知らぬ方々。


今の私はあの当時より心は弱っている。
踏ん張る目的が何も無いから。
当時は食欲の無い夫が如何したら食べてくれるか必死だった。
食事=命だったから。
一日でも長く生きてほしかったからね。
見栄えも当然こだわり彩りも考えた。
今は彩りも見栄えも関係なし。
お腹が一杯になれば良いんだ。


環境が人を変えるんだね
















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。