心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

決断の時

痛みを訴える夫。
痛みさえ取れたら楽なのにと我慢強い夫が顔を歪め呟く。


医師の説明は痛みを抑えるにはモルヒネしか無いがそれも徐々に効き目が
弱まり投薬量を増やすと昏睡状態になり言葉は交わせないと。


夫の苦痛を和らげる為にはモルヒネしか無い。
モルヒネにすれば昏睡状態になり言葉は交わせない。


夫の意思は「食べ物を受け付けない状態になれば楽にしてほしい。
延命措置はするな!」でした。


食事は一週間前から受け付けていません。


医師に訊くと「あと一週間くらい」との返事


元気な頃に夫の意思を聞いていたので今がその楽にする時かも
しれない、モルヒネ投与をお願いするか?。


昏睡状態になって夫が苦痛を感じずにすむなら私は
我慢しますが最後の言葉なしの別れも意味しています。


悩みましたが結果は夫を痛みから解放してあげたい。
夫の苦痛を取り去るほうを選び夫は眠ったまま旅立ちました。


最後は苦痛を感じていなかったと信じています。


でも、声も聞かずに別れたのが心残りです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。