心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

乗客は私だけの観光バス

今日も旅の話題です。


1983年の12月のある日「波の花」が観たくて福井の越前海岸を訪ねました。


大阪始発の雷鳥に乗り湖西線に入ると雪で電車が安曇川駅で臨時停車したり
近江今津駅で立ち往生したりと福井駅に2時間以上遅れて到着。


しかし、いつも時間に余裕を持たせる性格なので予約していた定期観光バスの時間には
間に合いましたが受け付けの人の態度が変。


しらなかったのですが私の乗った電車は辿り着けたけど後続の雷鳥は全て運休になり
予約していたお客様はキャンセルされたそうです。


待機してたいた運転手さんとガイドさんが相談して
「せっかくお越しくださったので運行します」


そんな理由で大きなバスに運転手さん・ガイドさん・で、乗客は私一人。


ガイドさんも、やり辛かったでしょうが私も欠伸すら出来ずしんどかった。
見たかった波の花を見れたのがせめてもの救い。


昼食付だったので定観バス客用に案内されたテーブルも広く提供された
料理の味も判りませんでしたが蟹をみて越前へ来たのだと実感しました。


観光バスと別れ予定通り金沢で一泊し兼六園へ行きましたが雪・雪・雪・
木々に積った雪を見て雪吊りの縄に納得。


昨日の記事の雪吊り画像は平成19年(2007年)12月の撮影でした。


帰路は湖東線の普通が運行していたので米原まで出ましたが
彦根ー米原間が不通だったので米原から新幹線で帰宅。


昭和58年豪雪の時の旅日記ですが旅にはハプニングは付き物と
心しながら楽しんでいます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。