心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

夫は「鵜」?

そして私は「鵜匠」?。


先日、観るともなしに聞き流しでつけていたTVで
普通の鵜は鵜匠に綱で操られますがTVの鵜は綱なしの放し飼いでした。


鮎を取り鵜匠の所に戻り鵜匠から餌を貰う。
孵化した瞬間から世話をし訓練したようです。


その光景を思い出していたら何故か夫が鵜に思え笑っていました。
封も切らず給与(鮎)を私に渡し私から小遣い(餌)を渡される。


きっと鮎を呑み込んでしまいたい衝動に駆られた時も有ったでしょうに。
鵜に徹してくれた夫に感謝…って。


そんなことを考えていたせいか今朝がた、夫が夢に。
笑っていました。


「鵜」と思った私を怒っていないようで良かった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。