心つなげて

悲しみは続いていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

人は人と理解してても

頭では判っている。


理性でも判っています。


しかし、心は違う、正直です。


羨んでも仕方が無いと判っていても
人を羨む心が存在します。


伴侶を喪っても子供さんやお孫さんが
居られる方が羨ましい。


無論、毎日の子供さんとの生活に必死で
途方にくれていられる方も存じています。


そのお方には今は辛いけど頑張ってと応援させて頂きます。
子供の為に頑張らなければと生き甲斐になります。


ひと時でも子供さんやお孫さんと笑顔で過ごす時が存在します。


私には生き甲斐も笑顔で過ごす時も有りません。


若くして伴侶に先立たれた方には晩年まで過ごせた
私を羨むでしょう。


無いものねだりなのでしょうが本音です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。