心つなげて

悲しみは今も続き引き籠っていますがネットを通じ社会と繋がっていたいと思います。

思い出は良い事だけが残る

「怒り」ってどんなのか知らない人かな?と思うほど温厚な人でしたが
「彼女には年収の全額を教えるな」の先輩の教えを忠実に守り
年収の半額をピンハネし私に渡した給料の中から小遣いを受け取れる人でもあります。
(誠実な人とは言えませんね)


低い年収だなと思ったがまさか偽帳簿ならぬ偽給料明細とは考えもしなかった。
ピンハネしたお金は退社後の友人達との飲み代に消えてたらしい。
偽給料明細なんて今の時世なら考えられぬが会社ぐるみの犯行。
50年も昔の零細企業だから出来たことかな?。


いろんな出来事があった結婚生活でしたが私の我が儘を全て受け入れてくれた
夫に感謝しかありません。


私の我が儘を全て受け入れたのは年収ピンハネ罪滅ぼしの気持ちだったそうです。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。